悩み 病院

子持ち看護師の転職と不安【ブランク】非常勤でも働く場所があるか

子育てと仕事のバランスを取りたいと考えるものの、想像するだけでは難しく、不安が拭えないと感じる方もいらっしゃるかと思います。

この記事では、子育てと仕事の両立を図るときに発生する問題、解決策、および対策について紹介します。

子持ち看護師の転職と不安【ブランク】非常勤でも働く場所があるか

職場と家が遠い

たとえ職場と自宅がすぐ近くでも、子供を預ける保育園のために迂回する必要があるかもしれません。ただでさえ仕事で疲れてしまうのに、保育園の送り迎えが重なるのは相当の負担です。

また、交通費が増えるため、家計の負担も大きくなります。このため、多くのお母さんは職場と家の物理的な距離に不安を抱えているのが実態です。

入園できずに待機児童に

働く母親の数が増えることに伴って、子供の預け先が見つからなくなる可能性が高くなります。したがって、多くのお母さんは育休を延ばすか、そのまま引退するしかありません。

家族のサポートがない

核家族化が進み、近くに頼れる親戚がいないため、多くの家庭は周りからの支援を受けていません。そんな状況の中でお母さんが働くことは非常に負担が大きく、多くの家族の悩みの種になっています。

引っ越しの必要性

パートナーの職場のことを考えると、簡単には引っ越せない場合があります。ただし、転職すれば、引越しをせずとも職場と自宅の距離を縮めることが可能になる場合があるんです。

あまり重く受け止めず、まずは育児との両立について、パートナーと話し合ってみましょう。

託児所付きの職場

一部の職場には託児所が付属している場合があります。転職サイトの求人情報を見ると、育児に関する情報が載っている仕事が見つかることもあります。子供の預け先が心配な場合は、一度確認することをお勧めします。

サービスを知る事

働くママの数が増えたことで、付随するサービスも充実してきています。たとえば、オンラインスーパーマーケットやハウスキーピングサービスは、働くお母さんの強い味方です。

また、育児休業、勤務時間短縮、育児休業など、突然の発熱で子育てを優先できる制度もあります。

子持ちでブランクがあっても看護師として働けるか

転職や復職の不安として、スキル不足、経験不足、仕事内容の変化などで採用してもらえないのではないかと心配になるかもしれません。この記事では、新人看護師やブランクのある看護師が抱える不安と、そんな不安への備えについてご紹介します。

準備するもの

もちろん、転職に必要不可欠なのは、新しい仕事で使える知識ですが、将来のキャリアプランについても考えることが重要です。

  • 新しい仕事の臨床部門で使える知識を予習
  • 将来のキャリアプランを考え、新しい仕事を探す

自分のキャリアプランを明確にすることで、自分に合った仕事が簡単に見つかり、面接でアピールすることができます。

すると新規参入者であることが不利ではなくなり、明確なキャリアプランを念頭に置いていることが強力な武器になる可能性があります。

転職の不安

転職や復職を考えているブランクのある看護師さんの不安の中に、家族が変化に適用できるかどうか、元々の知識で対応できるのかに懸念を抱くかもしれません。

  • 小さな子供がいるのがマイナスに働かないか?
  • 医療は今どのように変化しているのか?
  • 休職前のケアはもう通用しない?

準備すること

子育てがひと段落し、職場復帰や転職をすることが、ネガティブになってしまわないか心配になるかもしれませんが、採用する側も同じように不安を感じています。

そのため、周囲から育児支援を受けられる環境にいることをアピールしましょう。また、自分のスキルが通用しないのではないかと心配な場合は、再学習することで十分対処可能です。

新しい職場の仕事内容に応じて再学習し、今までの経験を武器として利用できるのであれば、それを魅力的なポイントとして活用するようにしましょう。

ブランク

たとえブランクがあったとしても、転職を諦める必要はありません。しかし、忙しい急性期に転職すると、どうしても負担は大きくなります。

採用状況や診療科を見比べながら転職活動を進め、どのような職場で自信を持って働けるかを確認していくことをお勧めします。

ブランクがあっても非常勤として働きたい

あなたは今どのような働き方をされていますか?アルバイトに対応する働き方といえば、短時間労働が代表的ですが、たとえ雇用形態が「アルバイト」であっても転職は可能なんです。

もしかすると、アルバイトは転職には不利だと感じる人もいるかもしれません。この記事では、アルバイトとして転職する方法と転職時の対応についてご紹介します。

非常勤のメリット

働き方には、「フルタイム」「パートタイム」「派遣」の3種類があります。アルバイトのメリットのひとつとして挙げられるのは、時間を作るのが簡単になることです。

子育てや介護をしながらでも働きやすく、フルタイムで働き続けることが難しい場合でも、アルバイトとして時間を確保しながら、キャリアに空白を作ることなく働き続けることができます。

将来のキャリア計画がしやすくなるというメリットがあります。

非常勤として転職するなら

アルバイトとして転職する場合、即戦力の労働力だと重宝されます。したがって、豊富な経験と決意を持っていることも重要です。

アルバイトを続けながら働きたい場合は、フルタイムよりも短時間で業務を終える必要があります。このように能力は必要ですが、転職時に信用を獲得することが難しくなるデメリットがあります。

もしキャリアアップをしたいなら、アルバイトをしながら信頼と成果を上げることに徹して、フルタイムで転職する方が簡単です。

  • 非常勤として転職するには即戦力が大切
  • 短時間勤務内で業務を終わらせる能力も必要
  • キャリアアップを望むなら、まずは信頼や実績を積み上げましょう

家族との関係性

子育てや介護をしながらアルバイトをしていると、就業時間が短く、急な休みが多くなることから、職場に負担を強いてしまう可能性があります。

したがって、転職する前に家族とどのようなサポートをしてもらえそうか話し合うことをお勧めします。

家族だけではなく、他にも応援してくれるサービスもあるので、仕事に集中できる環境があるとアピールできれば、スムーズな転職につながる可能性があります。

安心して転職活動が始められるように、子育てや介護のサポートを確認し、いつ転職することが適切なのかタイミングを図るようにしましょう。

まとめ

アルバイトは、プライベートな時間の確保が容易なため、育児と介護のバランスが取りやすいというメリットがあります。

ブランクを作りたくないが、フルタイムでは働きにくい方におすすめのワークスタイルですが、キャリアアップの観点からするとアルバイトは不利になりがちです。

また、子育てと介護のバランスをとるために家族の支援も必要です。 不利になることを懸念するかもしれませんが、家族と話しあうことで解決に向かうことも可能になります。

ぜひアルバイトとして転職する際の参考にしてください。

-悩み, 病院
-,