育児全般

評判の良いwebデザインスクールはデザインキャンプ【WEBデザイナーは稼げる】

私は趣味でWordPressでブログをやってます。

素人なりにWEBデザインをやっているのですが、やはり納得いくものを作るのは難しいですね。

何十年もこの趣味をしている人間ではないので、この業界のことを全て知っているわけではありませんし、キャリアを積んだ人間ではないので、私が知っていることが全てのケースに当てはまるわけではありません。

私はもともとデザイナーになりたかったので、最初にウェブデザインを考えたときは、数あるデザインの種類のうちのひとつとしか考えていませんでした。

でも、Webデザイナーになるために必要なものは「デザイン」ではなく、「設計」であることが重要だと思います。

良いデザインを作るためには、Webデザイナーもコーディングスキルを身につけるべきだと思います。それは、プロダクトデザインでも、建築デザインでも、どんなデザインでも同じだと思うんです。

大きなことを言うようですが、Webデザイナーはデザインの表面的な仕上がりだけでなく、Webサイト全体にもこだわるべきだと思います。

デザイナーは単なるデザイナーではなく、Webサイトのデザイナーでもあるということが最も重要なことです。

WEBデザイナーになるのは大変

全員がそうだとは思いませんが、「何も知らない素人を雇って育ててくれる」というイメージで就職活動をしている人がたくさんいるんです。

Webデザイナー就職の実態そう、結論から言うと、同じ会社でWebデザイナーを募集していても、入る会社によって百八十度の差がある世界なんです。

Webデザインは

  • デザイン
  • 設計
  • プログラミング
  • マーケティング

ができることが一番重要なのです。

デザインだけに専念したい、デザインにそこまで自信がないから、ライティングを頑張りたいと悩んでいる方は、採用活動を始める前に、本当にその程度のスキルが必要なのか、会社に聞いてみると良いでしょう。

Webデザイナーを採用する場合、デザインスキルが突出していなければ、ライティングやプログラミングのスキルも学ばなければなりません。

Webデザイナーには、Web開発言語であるjavascriptやコマンドライン操作はもちろんのこと、Web関連の知識やマーケティングスキルも習得する必要があります。

デザインだけでなく、Webとその技術についての理解も必要です。

Webデザインは、デザインだけでなく、Webに関する技術も必要です。

このようなデザインは、「デザイン」と「技術」の両輪で成り立っているからです。ということを考えることが、最高の製品を生み出すことにつながると思います。

Web業界に興味がある人も同じだと思いますが、業界と激しく戦うような仕事ではないと思うんです。

今思うと情けない話ですが、webデザインの勉強をして1ヶ月くらいは数字や営業、マーケティングの基本など考えないといけないと思っていた時期がありました。

そのため、Webデザインはビジネスと人、どちらを重視するかで大きく変わってくると思います。

いずれにせよ、説得力がなく、信頼されていないのです。そのため、「プロ」としての自覚を持つことが大切です。一般的なマーケティングのスキルを身につけることはもちろんですが、順序を変えればいずれ必ず必要になるものです。

この記事では私が、Webデザイナーを目指すあなたを応援します。そしておすすめのWEBデザインスクールの紹介もしますので、ぜひご覧ください。

やり方次第で短期間で習得可能

今回紹介したいのは、デザインキャンプというウェブデザインスクールです。

参考:公式サイト
https://design-camp.jp/

結論から言うと、前述したような

  • デザイン
  • 設計
  • プログラミング
  • マーケティング

これが全て学ぶことができる。

そのため、努力次第でいくらでも短期間で習得することが可能です。Webデザイナーはとても良い仕事なので、頑張って学習時間を早めれば、転職もしやすいと思います。

また、Webデザイナーになるためには、Webデザイナーになるために必要な知識を身につける必要があります。

学べば学ぶほど自分の価値が上がり、短期的に稼げなくても、将来的にはもっと稼げるようになります。

ウェブデザイナーはコーダーだけでなく、グラフィックウェブデザイナーでもあるのです。この作業をすべて行う人もいれば、別のことを専門に行う人もいます。

私はグラフィック・ウェブデザイナーになりたかったのですが、これは多くの人が想像するウェブデザイナーに近いと思います。

htmlとcssを使って「こんなホームページができます」と書き出すだけなら、簡単な絵を描くだけでいいのですが、そのホームページを、いかにイメージ通りに仕上げるか、それがコーダーの役割でもあります。

だから、せっかく素晴らしい絵や美しい絵が描けても、それが使いにくかったら、使えません。上の2つのスキルがあると、ある程度誰が見てもわかりやすいWebサイトを作ることができるのです。

どこまでやるかは、プロジェクトや関わる会社によって違います。グラフィックデザイナーであれば、自分で素材を作ったり、画像作成、画像加工などを行います。

UIUXデザイナーは、インターフェイスに携わる。画面の見た目や使い勝手など、インターフェイスを開発するのはUIUXデザイナーです。

デザイナーがある程度着任しないと、Webディレクターは現場の状況を把握しているので、ディレクションができないんです。

Webサイトのディレクターはかなり稼げる仕事です。 月に数百円から数十万円稼ぎたいのであれば、クラウドソーシングを利用したり、少し規模の大きい案件やスキルの高い案件を請け負うことで、少しは稼げるようになると思います。

ただ就職して月収10万円以上を期待するのではなく、Webディレクターになって、デザイナーやプログラマーとして働くというのが一番重要です。

まずはデザイナーが不足しているのです。しかし、お金を稼ぐ方法を学ぶにはどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

デザインキャンプの口コミ

ところでデザインキャンプの評判はどうなのでしょうか?Twitterで検索してみました。良い口コミと悪い口コミ両方みてみましょう。

良い口コミ

WEBデザイナーを目指す人は数あるスクールの中でもデザインキャンプを1つ選択肢の1つに入れておきましょう。ここは案件の取得までみっちり指導しています。業界唯一の試みです。

引用:Twitter

デザインキャンプという講座を受けています!まだ始めたばかりですが、講座代を稼げるまでサポートしてくれるところに惹かれました🌟

引用:Twitter

フォトショやイラレの定着度で仕事のスピードって全然ちがう〜😂💦
早く慣れたいし、先生も何度もありがとう😭
#デザインキャンプ
#webデザイン勉強中

引用:Twitter

悪い口コミ

おはようございます☺️
今日はデザインキャンプさんの無料説明会を受けてみました。
(説明会に有料なとこってあるの?😅)
わたし的には内容がふわっとしていてこれにこれだけお金かかるというのが全く分かりませんでした…すみません💦

150本の動画を見るそうで、ちょっとわたしは時間がもったいないなーとおもってしまって😅
初心者じゃなくても金額は同じというのと、本日中に即決と言われたのに明確な学習内容がないのはちょっと…

引用:Twitter

webデザインスクール
#デザインキャンプ
の無料説明会に参加してみた。授業料を稼ぐまで無期限サポートと言われて魅力的だけど、特典を受け取れるのは当日入会のみと言われて、何十万の支払いを即決できずに終了した。
気掛かりは資料のパワポがダサかったこと。

引用:Twitter

口コミ探しましたが全然ないですよね、、、🌀

本当に始めたばかりでまだ収益とかは出てないんですが、担当の方も私のレベルや生活の状況に合わせてくれるので、説明会に嘘とかは全然なかったなぁという印象です👌

引用:Twitter

評判についてのまとめ

こちらのサイトにもデザインキャンプに関する口コミがまとめられていました。

抜粋しますと

まず、デザインキャンプがどんな学校なのかを一言で言うと、Web制作でフリーランスとして稼ぐためのWebデザイン技術を学べます。

つまり、Web制作とは、Webサイト制作やネット広告で使用するデザインを作成することと考えるとわかりやすいと思います。

Web制作とは、Webサイト制作やネット広告で使用するデザインを作成すること、企業のホームページやサービス紹介ページを作るようなものです。

Web制作は、在宅で稼ぐことができるスキルで

  • 家事や育児をしながらお金を稼ぎたい方。
  • 副業から始めてスキルを身につけたい方
  • 在宅で月20万円以上稼ぎたい方
  • 会社に依存せず稼げるスキルを身につけたい方
  • 人間関係を気にせず稼ぎたい
  • スキルを身につけ、ゆくゆくは独立したい

こんな方たちから好評のようです。

デザインキャンプで学べるWebデザインのスキルは

  • Canva
  • Photoshop
  • Illustrator

Webデザイナーに必要なスキルは一通り学べると考えてよいでしょう。

デザインキャンプでは、プログラミング言語も学べるので、プログラミングもできるWebデザイナーになることも可能です。

これは「デザインキャンプに入るだけで、初級から上級までのWebデザインスキルとプログラミングスキルが身につく」と解釈してください。

評判や口コミが良いので、他のスクールに入ったり、新たに教材を購入したりする必要がないのです。また、他のスクールと比べてデザインキャンプの良いところは、案件の取り方を徹底的に教えてもらえることです。

高単価の案件を自分で獲得する方法、未経験でも案件を獲得する方法などなど教えてくれる。

ちなみに、デザインキャンプの料金体系については、無料のオンライン説明会に参加すれば知ることができます。

口コミを見てみると、他の大手スクールのように50万円~80万円という料金設定ではないようです。この無料オンライン説明会には気軽に参加できるので、気になる方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

参考:https://honne-kuchikomi.com/designcamp/

主婦の体験談

もう一つ口コミや評判をまとめたサイトがありました。

こちらには実際に入会した方の体験談が書いてありますね。

主婦の方がデザインキャンプに入会したようです。

そもそも、なぜ主婦がデザインキャンプに参加したのか、その理由をお話ししましょう。

私は専業主婦なので、とにかく在宅でお金を稼ぎたかったんです、子育てをしながら外でパートをするのはなかなか大変です。

夫の稼ぎだけで生活している。将来が不安で、 と思っていたのですが、私たちの将来が心配です。

どうしたらWebデザイナーになれるのか?最初は、「私にWebデザイナーが務まるのだろうか」と思っていました。

特にデザインのセンスがあるわけでもないし、と悩みましたが、まずは無料説明会に参加。

丁寧な説明に納得し、入学を決めました。Webデザインからプログラミングまで学べるということで、手厚いサポートに純粋に感心しました。

そして実際に入会してみると、1ヶ月目は学習で終わり、2ヶ月目から大体Webデザインの案件を受注できるようになりました。

  • 2ヶ月目の月収は5万円くらいでした。
  • 3ヶ月目には10万円の収入になりました。
  • 4ヶ月目には15万円くらいになりました。

一見、うまくいっているように見えますが、私の能力が低かったので、かなり苦労しました。もっと効率の良い人なら、4ヶ月目くらいには月30万円くらい稼げたかもしれません。

これだけ稼げたのは、自分のスキルだけでなく、案件の取り方などのレクチャーを受けたからだと思います。

未経験の私でもスムーズに案件を獲得できたのは、この辺りのサポートがあったからだと思います。また、応募の際も一緒になって考えてくれたので、不安なく進めることができました。

このような感じで、全くの未経験でも2ヶ月目からかなりの収益が上がったようですね!

【デザインキャンプ】ウェブデザイナーになるには何が必要?

初期投資は、本当はimacやmacbook_proなど、Macでなくても良いのですが、少し高めのスペックと性能のマシンが必要なんです。

AdobeのPhotoshopやIllustratorは必須です。

一番大事なことは、自分に合うかどうか試してみることです。無料体験期間があるので、試しに使ってみると良いでしょう。

試しに使ってみたいけど、自分に合うかどうかわからないというデザイナーさんは多いと思います。

初期投資はプログラマーに比べれば高いですが、ウェブデザインの大学や専門学校に通うよりはずっと安上がりです。

デザインキャンプなら、本格的なサービスに通ったり、研修や勉強会に参加したり(あるのかな?)、企業に就職することも可能だと思います。

まずはデザインキャンプを試してみることです。実際に様々な言語を学べるし、cssやWebサイトの作り方など一通り学べるので、まずはPデザインキャンプから始めるといいと思います。

メンターサービスもあるようなので便利です。この手のオンラインサロンを利用したことはありますが、継続はしませんでした。デザインに特化したスクールの中でもデザインキャンプはコンセプトもわかりやすいので良いと思います。

まずはデザインキャンプで最低限基本を学び、あとは簡単な仕事に参加するか、就職するかです。

デザインの世界も新しい技術がどんどん出てきて、プログラムの入れ替わりが早いので、そういう意味では職業訓練校でもいいんですが、そこは気をつけないといけないですね。

デザインキャンプは、デザイナーのための学校としても有名です。そのため、新しいことに挑戦することを恐れず、努力することが大切です。

理由は、ウェブデザイナーも人ですから、それぞれのタイプのメリット、デメリット、得手不得手があります。

イラストレーターとフォトショップは必須です。 実際に、どれを使うかは、その時の状況によって判断してください。html・cssの基本的な知識を身につけ、どのようなものなのかを学ぶこともできます。

デザインが綺麗だと、トークのセンスのない人でも説得力を身につけることができます。そのために、デザイナーは自分の興味のあることを得意としているのです。

コーディングが得意な人とデザインが得意な人は同じ人ではないですが、いろいろなことができるのが一番です。いろいろなステージを経験しながら、自分のやりたいことを決めていくといいと思います。

グラフィックを売るのであれば、イラストやWebサイトのトレースの仕方、IllustratorやPhotoshopの使い方を学ぶといいかもしれません。

デザインの基本であるコピーやトレースの遊び方を学んだ方がいいかもしれませんね。良いデザインを真似して、どれが良いデザインなのかを見極めることが大切です。そして、道具の使い方を理解した上で、より大きな仕事へとステップアップしていくのです。

コーディングも勉強したいので、まずはいろいろなポートフォリオを組んでみると良いでしょう。

やり方が分からなくても、ある程度まで進んでいけば大丈夫です。デザインキャンプならイメージがつかめると思うんです。

まず、自分のポートフォリオを作成することです。部分的なコード変更のような簡単なものから始めて、徐々に大きな仕事をこなしていけばできます。

必要なことを徐々に理解していく。デザインキャンプでやったことを、就職・転職活動では、「こんなものを作ってきたんだ」「こんなものが作れるんだ」と間近で見てもらうことができます。

そのため、"学びながら "というのが一番大切なことです。わからないことがあれば、Webサービスで検索したり、調べたり、質問したり。まずは聞いてみることが大事ですが、検索すればするほど、スキルは向上します。

よく「どうやって時間を捻出するんですか」と聞かれますが、プログラマーと同じです。小さなお子さんをお持ちの主婦の方でも、帰宅後数時間だけ仕事をする方もいらっしゃいますし、勉強してスキルを磨いてから、音を下げに行く方もたくさんいらっしゃいます。

ウェブデザイナーは稼げるのか?

まず、ウェブデザイナーが今後も稼げるかどうかという話をしたいと思います。

Illustratorを覚えて、基本的なデザインの仕事をしだけだと、お金を稼ぐのは難しくなっていくと思います。

お小遣い程度ならいいと思うのですが、専業で食べていくためには、自分のスキルを上げて、仕事に付加価値をつけていく努力が必要です。

知らない人のために説明すると、「wix」というものがあって、これはブログを作るように、誰でも無料で簡単に作れるサイトです。

初心者の方でも、それほど苦労することなく、ブログを作成し、維持することができます。

Web制作の仕事そのものがなくなるわけではありませんが、wixのような自動でできるサイトが進化して来ているのはたしかです。

また、Webデザイナーは、サイトのデザインだけでなく、サイト自体のデザインも重要視されます。

インターネット業界自体が成長を続けており、特にWebデザイン業界はプログラミング業界以上のスピードで成長しており、新しい技術や新しいデバイスがどんどん出てきています。

例えば、昔は携帯電話のサイトが消えて、スマートフォンのサイトでは音が出るのが当たり前になりました。でも今は、アニメーションの技術が廃れて、これとかjavascriptとか新しい技術が出てきて、インターネットの普及とともに、どんどんページに動画を埋め込むことができるようになった。

今使われている用語がわからなければ、それを踏襲すればいいのですが、時代が変わり、自動化されるようになると、どうしても新しい技術を先に知っている人が出てきます。

ただ、最低限の技術しか持っていない人は、生活していくのが大変になるということです。イラストを描いたり、友人・知人のホームページを作ったりするようなことは単価が下がっていくので、基本的な技術だけで大きな利益を上げるのはどんどん厳しくなっていくでしょう。

だから、Webデザインを勉強しやすい環境が整ってきて、情報が溢れるようになったので、このWebデザインができる人が増えたということなんです。

そして、最低限のレベルであっても、このような仕事ができる人も増えたので、海外にも行きやすくなり、Webデザインの基本的な部分をいくらでもできる人たちと競争することができるようになったのです。

そういう人たちと競争してしまうと、結局安く仕事をすることになってしまい、単価が上がらないんです。

一番大事なのは、プログラマーが生活しにくいと言っていたように、WordPressの案件だけやっていても単価が上がらないということです。

要は、目の前の仕事に満足していると、遅かれ早かれ淘汰されてしまうということです。これはWebデザイナーだけでなく、どの業界にも言えることです。

昔はあったけれど今はなくなってしまった仕事もたくさんありますし、これからも存在し続ける仕事や業界もたくさんあります。

本当の安定は、時代に合わせて変化する力を持つことです。自営業でなくとも、リモートワークができれば、働き方の選択肢は広がります。地方から都会に出れば、都会にある会社で働くことができます。

田舎に住んで固定費を下げながら、都心や同レベルの給料をもらうことも可能です。お店や会社を作らなくても、会社が倒産しても早い段階から個人で稼ぐことができます。

後述しますが、営業の部分が大変ですが、最近はその部分を代行してくれるエージェントなどのサービスもあります。

個人事業主でなくとも、必要なスキルがあれば転職は容易です。一番気をつけたいのは、時代の変化に合わせて成長することです。

需要の高い専門的なスキルや知識を持つこと、新しい専門的なスキルや知識を持つこと、そしてスキルアップを怠らないことが重要です。

単価が高くて成約しやすければ、仕事を依頼しに来てくれます。Webデザインしかできないとか、イラストや絵が上手な人はたくさんいますが、Webデザインに特化して、プログラミングもできれば、すべてを一貫して作ることができなくても、ある程度簡単なものなら作ることができるようになります。

プログラマーと話ができるようなWebデザイナーの方が、クライアントも採用しやすいと思います。

Webデザインとディレクションの両方ができる人に依頼すれば、デザインだけでなくプロジェクトの商品全体を管理することができたり、売上を上げるまでプロジェクトを成功させるために協力してくれたり、マーケティングや分析の相談に乗ってくれたり、売上を上げるためのサポートをしてくれたりします。

例えば、美容業界に強い会社、不動産に強い会社、歯科に強い会社など、業界知識に特化したWeb制作会社が存在します。

Webデザインで生計を立てている人もいて、その人たちは魅力を伝えるのがとても上手なんです。 Webデザイン以外にも、「あなただから仕事をしたい」と思ってもらえるようなメリットがあると、クライアントが感じてくれれば、もっと生きやすく、食べやすくなると思うんです。

これはWebデザインだけでなく、プログラマーや他の業種でも同じだと思います。

ウェブデザイナーは自由度の高い働き方です。スキルアップできる良い会社がたくさんあるからです。

よく探せば、IT系に特化した転職サイトもあるので、そこで仕事を探すのもいいと思います。

また、個人で直接仕事を請け負うなどの方法もあります。そうすると、ある日突然バズったり、イラストや絵を描いているデザイナーから仕事をもらったりすることもあるかもしれません。

また、直接人に会う人もいますが、勉強会やセミナーを開いたり、普段お世話になっているお店や会社に直接営業したり、地道に人との関係を築いていく経営者もいます。

個人事業主のメリットは、やりたいこと、一緒に仕事をする人、働く場所、働く曜日、そして働く時間まで自由に決められることです。

ただ、デメリットとしては、経営や営業、支払い、契約など、ポリシー以外にもリスクや考えなければならないことがたくさんあることです。

デザインについてもっと学びたい、スキルアップしたいという方は、代理店に依頼したほうがいいかもしれません。

例えば、エージェントを介してスキルを磨き、アウトソーサーとして活動すれば、大手エージェントのクラウドテックやレバテックから直接案件を受注できる、いや、有名なエージェントになることも可能です。

こういったところで経験を積むメリットは、ある程度のスキルがあれば、営業活動をしなくても、どんどん仕事を紹介してもらえることです。

デメリットは、自分で仕事を取る場合よりも、自由度が少し下がることです。

プログラマーも同じです。まずは企業に勤めてスキルを磨くことですが、個人で直接仕事を請け負ったり、代理店を通して仕事を請け負ったりする人もいますが、それはそれ。

Webデザイナーに限らず、他の業界でもそうですが、相手の売り上げに貢献することが大切です。Webデザインって、かわいいもの、かっこいいものを作ればいいと思っている人が多いけど、そんなことはないんです。

ただ、なぜかっこいいホームページを作りたいかというと、お客さんに来てもらいたいからとか、イメージを良くしたいからとか、いろいろな理由があると思います。

Webデザインを教える人もいますし、コンサルティングをする人もいますし、イラストなどの仕事が足りないときは、代わりに請け負う人もいます。

また、たとえ稼げなくても、学んだことが無駄にならないのは、基礎力があるのと同じです。

でも、ウェブデザインの仕事は本当に楽しいです。間違ったことをしたり、嫌な会社に入ったりすると、どこでも大変ですが、特に自分が作ったものが画面上で動いて、感動するのは楽しいですから。

Webサービスでも何でも、自分が作ったものが人に触れてもらえるのは楽しいので、働き方の自由度は高いし、給料が上がる可能性もありますね。

収入を増やすことができる仕事だと思うので、結論から言うと、Webデザイナーはおすすめですし、やり方次第で将来的に食べていけると思います。

これらを網羅的に教えてくれるのがデザインキャンプです。

まとめ

デザインキャンプをおすすめしたい人、おすすめできない人は。

  • 在宅でお金を稼ぎたいとは思っていない
  • そもそもウェブデザインを学ぶ気がない方

勉強が苦手な方はやめた方がいいです。

実際に勉強するのは自分ですし、モチベーションが低いと続かないので、モチベーションが低い人はやめた方が無難です。

逆に、以下のような考え方がおすすめです。

  • Webデザインのスキルを身につけたい人
  • プログラミングのスキルも身につけたい人
  • 在宅でお小遣いを稼ぎたい人
  • 確かなスキルを身につけたい人

デザインキャンプに参加することで、スキルだけでなく稼ぐ部分も学べますし、プログラミングも学べます。

在宅で稼ぐにはどれも重要なスキルですし、プログラミングもできるWebデザイナーはとても重宝されるので、このスクールはとてもおすすめだと思います。

空いた時間に稼ぎたいサラリーマンや、私のような主婦の方にもおすすめできるスクールです。

Webデザイナーの安心感は何よりも収入アップによる安心感です。

手に職をつけたいと思っている人は、月に15万円ほど稼げるようになると生活が変わります。

家事や育児と両立しながらでもできるようなので再現性もあります。

しかも、自宅でできるので、自分のペースでできるのがいいですね。

また、社会とのつながりが深くなり、生活に活気が出てきます。

人生が変わったと実感できるのもいいですよね。

ぜひお試しください。

デザインキャンプ公式サイト:https://design-camp.jp/

-育児全般