悩み

子持ち看護師の転職-あなたの賞味期限は?

皆さんは転職活動に悩んだことはないでしょうか?「この企業で働いて問題がないか」「転職をしたいが失敗をする可能性を考えたらしない方がいいのか」など、日々葛藤の中で生活をしていると思います。そこで今回は転職を何歳までにするべきなのかを詳しく紹介しますので是非参考にしてください。

転職は何歳までにするべき?

では早速、転職活動をするなら何歳までに転職をするべきなのかということについて紹介をします。結論から言ってしまうと「35歳」までが消費期限だと思ってください。35歳以上になると、よほど実力を持っている方や人格者、もしくはコネがなければ転職をすることは出来ませんし、殆ど成功することはありません。

ただ必ずしも35歳を超えたらNGというわけではありません。ここ数年35歳以上の転職者も増加しており、スキルを身につけている方であれば問題なく転職をすることが出来ます。

35歳までに身につけておくべきスキル

上記で紹介させて頂いたように35歳でも転職はすることは可能です。しかし、企業内の年齢バランスなどもある為、若い方が内定率は高いのも事実です。転職活動で必要なスキルというのは、今までに培ったスキルを身につけておくこととリーダーシップ、そして実績です。

35歳まで何のスキルも身につけておらず転職をしたとしても成功率は高くはありません。スキルや実績をアピールすることで、キャリアをアップすることが出来て、給料などもアップすることが可能です。また専門的なスキルを持っている人材になれば重宝されます。

転職のメリット・デメリットとは?

次に転職のメリットとデメリットについて紹介をします。転職を判断する上で必要なことですので、本当に今いる企業が自分にとって良い所なのかを考えてください。

転職のメリット

まずは転職のメリットについてまとめたので確認してください。
年収が増加する可能性がある
転職をすることによって、年収が増加する可能性があります。今までの仕事よりも専門性が高い所で働いたり、自分の価値が高い職場で働くことが出来れば、必然的に年収を増加させることが可能です。また、仕事内容が同じであったとしても大手企業に転職が出来れば同様に年収があがります。

キャリアアップを狙える
今の企業に満足していない方は、更にレベルの高い企業で働くことが出来るのが転職のメリットです。また転職をすると全てのイメージをゼロからスタート出来る為、キャリアを変えたいという方やレベルアップをしたい方は転職をしたほうが良いです。

人間関係を作れる
人間関係が悪化したことによって、転職をしたいという人は少なくありません。そういった時に転職をすれば人間関係を新しく作ることが出来る為、自分の成長にも繋がります。

客観的に自分を見れる
転職をすることによって、自分が今まで見ていなかった観点から物事を考えられるようになります。また自分が持っているスキルのレベルを確認したり、様々な部分で客観的に自分を見ることが出来るようになり、自分の価値を高める方法などがわかるようになります。

転職のデメリット

次に転職のデメリットについて紹介します。
転職活動でお金が無くなる
転職活動をすることによって、交通や宿泊費などでお金が無くなります。また仕事をしながら転職活動をすることで、面接などの日程も立たない場合があります。

退職金が少なくなる
転職をすることで退職金が少なくなるのがデメリットとしてあります。基本的に企業の在籍期間が長い方が退職金は多くなるのが一般的です。勤続年数が30年を超えると2000万円は貰えると言われており、20年になると1000万円程の差が出てしまいます。

人間関係を作るのに時間がかかる
転職をしたとしても、直ぐに人間関係が築けるわけではありません。悪印象などはありませんが、
逆に言えば人間関係を築かなければ不便な所も多くある為、注意をしなければいけません。

転職をしても問題が解決されない場合がある
最後のデメリットとして、転職をしたとしても上記のようなメリットがなく問題が解決されない場合もあります。必ずしも転職先が良いとは限らずに、悪化する可能性というのも出てきます。また実際に転職をしなければ勤務先の上司と合うかどうかもわかりません。

自分で考えて動かなければ転職を失敗する可能性が高い

転職と言うのは自分で考えて動かなければ失敗をする可能性が高くなります。会社内で人任せになっていたり、自分で行動せずに動いていた場合に、キャリアを上げる為に転職をしたとしても失敗するケースが多いです。その為、転職活動をするのであれば、自分がその企業に貢献をしているかを考えてから行動をしてください。

また自分がやりたくない仕事というのはやらなくても構いませんが、転職活動で失敗をする人が多いです。自分が好きなことを仕事としてやれている人というのは少ないですので、そういった点も気を付けて転職をしてください。

-悩み