悩み

子どもが発達障害と思ったらどうしたらいい

子どもが発達障害と言われて戸惑っていたり1人で悩んでいませんか?

「個人差だからウチの子は大丈夫」と思っていると、子どもが出来ない事が多くなり生きづらくなります。

まずは専門家に相談し、子どもにあった訓練を受けられるという特徴がある「療育」に通うことをおすすめします。

受給者証を発行しよう療育に通う前に受給者証を発行しておくことを忘れないようにしましょう。

受給者証とは障害児通所サービスに通うために必要な証明書のことです。障害者手帳ほど堅苦しい診断は必要ありませんが、医師などの専門家から療育の必要性が認められていることが発行の条件となります。

1人で悶々と悩まずに検索してこの記事に辿り着けたあなたなら大丈夫!

記事を読んで、今後の行動をイメージしながら子どもが生きやすい環境になるように行動してみましょう。

子どもが発達障害と思ったらどうしたらいい

発達障害が疑われた発達障害が疑われたらまず、専門機関に相談しましょう。

発達障害と一言で言ってもたくさんあります。障害の種類によって得意なことや不得意なことも違いますし同じ診断名がついたとしても子ども一人ひとりでも違いがあります。

その子なりの伸びる部分もあれば困っている部分もあり親子間でも困り事は違います。

専門機関に相談すれば、障害について詳しいことを教えてもらえるところへたどり着けますし、同じような悩みを持った親御さんにも出会え、悩みを共有したり、仲間がいるという気持ちから子どもの障害を受け入れることができるようになったりし、心の負担が軽くなることが期待できます。

親が子どもの障害を受け入れられないと、子どもが成長するような環境には出来づらく、長い目で見るとお互いに疲弊してしまう可能性があります。

療育を受けよう子どもが成長する環境とは、療育を受けることです。療育とは、障害があっても日常生活に困ることがないよう、1人ずつに合わせて練習や訓練をしたり、勉強をすることです。

集団療育へ入れば集団生活のルールを学ぶことができますし、個別療育では理解度に合わせて勉強をすることができます。施設によっては、外出を兼ねてバスや電車に乗る練習、買い物をする練習もあります。

学校や保育園、幼稚園のように矯正的に何かをするのではなく1人ずつに合わせたペースで得意なことを伸ばしたり、苦手なことを少しずつ無くしていくことができます。

今は個性が目立つだけという意見もあるとは思います。しかし、集団生活をしていくにしたがって他の子との差が目立つようになったとき、親も子も少なからずショックを受けるのではないでしょうか?

そのためには、まず専門機関に相談し、早くから診断、療育を受けましょう。子どもが成長したり生きやすくなる環境を整えるとともに、親としても同じ障害がある子の保護者としてのつながりができることで心の負担が軽くなります。

良い連鎖を続くことで負担が軽い育児ができるようにしていきましょう。

-悩み