悩み

子どもは、母親が何を望んでいるのか探る努力をしている

子どもが受け入れてくれないとき、どうしたらいいのかという質問を親御さんから受けることがあります。

子どもが母親・父親に敬意を示すのはいいことです。

でも、親としては、子どもが無礼な態度をとっているのを見ているのはつらいものですよね。 もし、お子さんが無礼な態度をとっていたら、次のような方法でお子さんと話してみてはいかがでしょうか。

まず、子どもの目線に立ち、目を合わせます。

他のことに気を取られないようにして、その子だけに集中します。

あなたが話をしたいことを子供に伝えます。

批判されるのが好きな人はいません。

お子さんが否定的な発言をしたときは、相手の気持ちを察して共感してあげましょう。

  • その子が本当に必要としているものは何か。
  • どうやって言葉にしたらいいかわからない?
  • その子が何を望んでいるのか、直接聞いてみましょう。

子供がなぜ怒っているのかがわかれば、子供の苦痛を和らげ、問題解決の手助けをすることができます。

子どもは、母親が何を望んでいるのか探る努力をしている

そこで、お母さんたちが子どものニーズに応えるために何ができるかを考えたとき、実は子どもから逃げようとせずに向き合うことだと気づいたのです。

子どもは不安を抱えていますよね。

親に見放されるのではないかと不安なのです。

だから、そうではないと説得できれば、あなたへの愛着もより確かなものになるはずです。

驚くべきことに、母親の生活を向上させるためには何が必要かを考えたとき、それは、良い行いをするためにおもちゃやお菓子などの賄賂を与えることではないことがわかりました。

それよりも、子どもたちに「お母さんはそばにいるよ」と安心させること、つまり、不満ばかりではなく、愛情を表現することなのです。

私は、母親と幼い子どもたちが抱える問題を考えたとき、母子の自然な絆をベースにして介入することにしました。

母親は乳児を社会に溶け込ませることに不安を感じていますが、害がないことを説明すると安心してくれます。

その友人と、母親になったばかりの彼女が経験していることについて話してみると、彼女の経験と、彼女が考える一般的な愛着の理解との間には、大きなギャップがあることがわかりました。

彼女は、自分の息子が本当に自分を愛してくれるのか不安に感じているようでした。

そこで私は、この幼い子どもに必要なものをすべて与えられるよう、彼女のニーズに応える手助けをしたいと考えました。

ママへの執着

私たちは、子どもたちが時には悲しみ、心配し、動揺し、怒りを感じることがあることを認識しています。

子どもたちは皆、それぞれの個性を持ち、さまざまな方法で感情を表現することを理解しています。

親の声は、知らず知らずのうちに子供に伝わっていきます。

自分がどれだけ愛しているかを子どもに伝えないことがあります。

なぜでしょう?

それは、伝えることで子どもが過剰に依存していると感じてしまうからです。

正しい言葉を理解するのにとても時間がかかることがあります。

感情的なコミュニケーションは、親としての第一の方法です。

親として、子供を気遣い、愛し、優しく正すのはあなたの責任です。

これは、常に磨き続けなければならない芸術です。

あなたが「ありえない。私は本を読むのが全然好きじゃない」と言っても、お母さんは "あなたは昨日、2冊の本を読んだばかりでしょう "と言って、あなたを止めないでしょう。

お母さんが「あなたのことが本当に大好きよ」と言ってくれなくても。

たとえお母さんが「あなたのことが本当に好きよ」と言ってくれなくても、お母さんの言う通りにしたいという気持ちを示しましょう。

確かにあなたは時々とても忙しくしていますが、あまり会えなくても、私がいつもあなたを愛していることを知っています。

コミュニティとトレーニング

欧米諸国では、小さなお子さんをお持ちの方の多くが、厳しい仕事に就いていて、自分のやりたいことを自由にできないというのは、残念なことです。

子どもの面倒を見るためには、仕事を減らして、子どもと遊ぶ時間や自分と向き合う時間を増やすことが大切です。

それを今日はお伝えしたいと思います。

親としては、子どもは自分の面倒を見ることができないということを認識することが重要です。

そのため、親は子供に共感し、子供の視点で世界を見なければなりません。

敬意を表したフォーマルなスタイルのリライトは、聞き手の時間を大切にすることを意味します。

これは、相手を尊重しているからこそ、相手が判断したり、自分の言っていることを慎重に考えたりする時間を与えることができるということを示しています。

自己慈愛を実践することも大切です。

セルフ・コンパッションとは、他の人に接するように自分に接する方法です。

自分に優しく、他の人にするような気遣いや思いやりを持って自分に接することができれば、それは自分自身のセルフ・コンパッションを実践していることになります。

子供たちに価値観やモラルを教え込むことも同様に重要です。

他人を尊重し、思いやりを持つという概念を教えることは、自己共感によって大きく示されます。

子供を愛するのは当然のことですが、それ以上に、子供の気持ちを理解し、共感するという親としての責任を果たすことが大切です。

-悩み